恵方巻

恵方巻きの始まりって?何がもとだったのかと思いますね!商売繁盛を祈ったりした事から始まったそうです!昔は丸かぶり、太巻き、と呼ばれ、中の具は七福にちなんで、7つの具を入れて巻き、今でもそれが風習になってきていますが具の変わりようが楽しくなっています。サラダ風の中身、刺身など生ものをまいたり、和風に煮物を巻いたりまたお子様向きに色とりどりに卵焼き、カニ棒、さくらでんぶ、などでもよいかと思いますね。こうしたことを考えると自宅でも容易に作ることができるんです。

すし酢は手作りで!

よくすし酢を作ることでうまくできないという方が多く、市販のすし酢を使っていますという話を聞きます。でもこのすし飯は皆同じ味のすし飯になるわけですね!他と違ったおいしいすし飯はやはり酢と、砂糖と、塩加減で違ってきます。私の場合はと、酢2分の1カップ、砂糖も同じ2分の1カップそこに塩小さじ1の割合で作ります。この分量で5カップの米に対してのすし酢の割合になります。、少し甘口かなと思われるかもしれませんが、これがまたおいしい!混ぜすしの時もこのすし酢で作っています。

一本丸かじりって意味あるのかな!

恵方巻という名前はコンビニなどで販売されるようになってから変わったそうですね!そして商売になってきています。一本丸かじりで一本丸ごと食べる、これは家族分必要になってきますよね!その1本に幸福、商売繁盛、という運があるとしたら一気にいただきすべて取り入れる。途中で止めることで運を逃すこ都になるといういわれで、一気に恵方巻きをまるごと食べる事で年の幸運を自分から離さない・・・・意味はありますね!

最近食品ロスという話から予約販売に切り替えたお店も多くなっているといわれ、確かに、テレビなどで、クリスマスケーキも、24日、25日が終わったら、あのおいしそうな生クリームともに捨てられている画面を見たことがありました。恵方巻も、当日が終わると価値が下がります。作りすぎはやはりロスになるわけで、予約制は良い方向だと思います。

手作りで作るとロスはなくなります。

すし酢は先ほど紹介した割合で作ります。そして太巻きにしたい場合は焼きのりを1枚半使います。中の具材は数限りなくありますが、海鮮ものでは、カズノコ、マグロ、アナゴ、とびっこ、ちょっと豪華に、カニ、トロ、あとは色合いに卵焼き、かんぴょう、を入れたりするとこれでOKになります。

サラダ巻きは女性にお勧め。レタス、きゅーり、ほうれん草のグリーン、ニンジンの赤、かんぴょうの甘味、そぼろ、卵焼きなど又。健康に良い納豆も入れました。色合いも考えて作ると楽しい!

今年の恵方、方向は、

西南西または、やや西方向ですのでそちらを向いて食べましょう。歳徳神といわれる福の神がいられる方向と聞いてます。自分の願いを祈りながら食べたらきっといいことがありますね!

私は宝くじが当たりますように祈ろうかしら!まずは購入しなくては!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です