納豆の免疫力がすごい

怖い新型コロナウイルス

コロナウイルスって怖いですね!毎日の新聞で、またニュースでこの話題ばかり。死者の数があまりにも多くなって世界中が、世界保健機構までもが動き出しています。そもそもこのコロナウイルスは、何が発生源なのかを調べるとびっくりすることばかり。中国の市場では想像もつかない動物の肉があるという。日本では例えば鶏ウイルス、とか豚ウイルスなどが出た場合、即座に処分の対象として行動を起こす政府の動きがあります。ウイルスが蔓延する前の対策が講じられるわけです。コロナウイルスでわかってきたことは人から人への感染が始まっているという。そして感染したことがわからない時にも人に感染させているというので、今は人ごみに行かないとか、予防策として必ずマスクをするといった自衛が必要になってきています。

納豆菌

先日得た情報では納豆菌がインフルエンザ予防によいということ。また新しい情報として、納豆は賞味期限が近いものの方が発酵が進んで美味しいと、そして冷蔵庫の中から食べる前には出しておいた方がより美味しくいただけますとも言っていました。以前私は納豆一粒をもとに納豆菌消毒液を作りました。納豆菌は納豆100gの中に1000億個あるといわれてますからたった一粒に作れる力がある納豆菌てすごいなと思いながらて作ったものでした。

免疫力

人の体には免疫力がありますが、それをさらに強くするためには食べ物で補うことができます。例えば、1年間風邪ひいたことない、とか、寝込むような病気はしないと言っている人は免疫力が強いと思います。運動して汗かいてそのままだったから風邪ひいたとか、寒いところにながくいたから風邪ひいたとかいう人に比べ、同じ条件でも健康でいられる人の違いはこの免疫力の違いなんです。

予防

初めの戻りますが納豆は発酵食品ですから.それだけでも注目することの一つです。大豆に含まれるイソフラボンは、強い抗酸化作用がありそれが免疫力をアップしてくれる効能になっています。食べることによってほかにも効能はたくさんあります。成人病での予防としては血液サラサラにする効果によって脳血栓とか、脳梗塞、または心筋梗塞などの血液により障害を起こすものなどの予防にも効果的ですので、納豆を食することをお勧めします。夜起こることの脳梗塞などに効果的なのは夜食べることが最も良いとされているのもこのような効果についての事でしょう。

納豆のレシピ

節分が近いことから納豆巻きのお寿司などが簡単で食べやすいですね!納豆ご飯が好きな孫は、卵の黄身を混ぜて食べています。母親がよいとされることを調べての事でしょうが、、ビオチンというコラーゲンの生成を促進というする効果成分を除外する働きがある卵白に、アビジンという成分があるからという理由かもしれません。

ネギみじん切りを入れることでは、納豆のにおいを抑える。不ビタミンB1の吸収を良くする。、疲労回復の効果を期待。血栓予防のサポート又、ゴマはタンパク質やカルシウム、鉄などの栄養が豊富に含まれ。不飽和脂肪酸であるリノール酸やリノレン酸も多く入っていますので、血管の若返りで美容効果も期待できます。

私の作るものの一つに餃子の皮に納豆を包み油で揚げるもの、同じようにパイン缶のパインを包んで油で揚げて、2種類のものを与えてのおやつもお勧めです。納豆はそのまま食べることのできる食材ですから是非毎日の食卓に出してほしいと思います。

家族の体は主婦の工夫で免疫力を高めてあらゆるウイルスから守っていきたいと思います。外出にはマスクも必要です。、また人込みは避けましょう。

簡単な納豆利用

納豆プラス、ネギみじん切り、プラス卵黄==納豆ご飯

餃子の皮、納豆、油で揚げる==子供のおやつ

納豆、卵焼き、海苔巻き、、==お寿司                   「すし酢の割合・・酢:砂糖;塩=1:1:0.01」

パン、納豆、=納豆ピザ風

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です