ラスクを作りましょう!!

ラスクって色々な種類がありますが高級なものは確かにお値段も高級。ひところは並ばなくては購入できないといわれるほどでした。しかし、作ることができたら材料費だけ、あとはご自分の楽しみとして作ればいいのではないかなと思っています。そもそもラスクって何?なんて質問はないかもしれませんが、ラスク ( 英 : rusk )とは、 ビスケット の一種で、ビスケットは逆にいうパンを2度焼きした物という。面白いですね!いわれって!!ラスクの作り方ってたくさんあるようですがここでの紹介のラスクは卵白は使っていません

バターを使います、バターってこんなに栄養があるから

バターは、乳製品の一種で牛乳と同様骨を丈夫にするカルシウムの働きなどがあり、
又、カルシウムの吸収を高めるビタミンDや、老化を防ぐ効果があるビタミンEなども含んでいます。皮膚や粘膜を守り、免疫力を高める作用があると言われています。そのほかビタミンA・D・E・K、カルシウムなどがあります。ビタミンEは細胞の老化を防止する作用があるとされます。ビタミンKはカルシウム結合蛋白質や血液凝固因子の生成に関与していると言われています。カルシウムは骨や歯を丈夫にする。

どんなパンを使うの?

よくラスクというとフランスパンをイメージします。というかバケットを購入して斜めにスライスしたものを使っていますが、先日サンドイッチ用の耳のない食パンでも作って見ました。出来上がりはなんと高級なラスクに変身していました。自宅で作ったものでもラッピングにとってはまるで購入してきたラスクにも見えるのがうれしいです。

他のものとの作り方の違い

作り方

1、バケットを8mmくらいから1cmくらいのmm厚さで斜めに切る。

2、オーブントースターに並べそのまま空焼きをします。

3、一度取り出し、多少の焦げ目があるくらいだと多分カラカラに焼けていることと思います。

4、半面にバターを塗ります。まんべんなく塗ったところにグラニュー糖をまぶし、再度オーブントースターで焼く。

5、オーブントースターを使っていらっしゃらないときはオーブンレンジで焼いてください。180~200度で焼き焦げ目のつく前に出してください、

6、砂糖と、バターの風味がマッチして美味しいです。

5、取り出して冷ます。出来上がり。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です