リンゴで作るピールもどき

昨年の台風などの被害によってスーパーでは袋入りのリンゴをお安く販売しています。そのままいただくのは通常の事。購入したままうっかりした時には多分中が少し柔らかくなってしまっている。いろいろな利用の仕方があります。ジャムにしたり、そのジャムを使ってリンゴパイを作ったりできますが、ちょっと試しに作ってみたピールもどきがとてもおいしかったので今回はそのオリジナルレシピをご紹介したいと思っています。

その前に!リンゴの力ってどのくらい?

りんごにはいろいろな効能、効果があります。一日1個で医者知らずなどという言葉、どこかで聞いたことがあるような・・・。あ!トマトでもこんな言葉が・・トマトが赤くなると、医者が青くなるなんて。こうした言葉ってその食べ物が、いかに良いのかを伝えているように思いました。リンゴは皮もと食べましょうという言葉も聞いていますが、皮にも栄養があります。その皮には食物繊維があり腸内の善玉菌を増やし、老廃物を排出し腸内環境を改善してくれます。又皮に多く含まれるポリフェノールには強い抗酸化力があり活性酸素を取り除き美肌にし、し、また老化の進行を遅らせるという。これはとっても嬉しいことですね!。リンゴは良く洗って皮ごと使いましょう。

免疫力アップもリンゴのおかげ

りんごには果糖が含まれていて、全身のエネルギー源になる。脂肪をエネルギーに変換する働きがあります。全身のエネルギー源になる果糖とぶどう糖、ショ糖スタミナ補給となります。疲れた身体にもすぐにエネルギーになるため疲労回復に繋がります。

一番怖い動脈硬化も防ぎたい

りんごに含まれている食物繊維のペクチンは、血中のコレステロール値の上昇を抑える働きがあり、、動脈硬化を引き起こす原因の一つである悪玉コレステロールを少なくする作用があります。更に含まれるカリウムが必要がない塩分を尿と一緒に排出する働きがによって、むくみ防止や高血圧の予防に繋がります。

足がつったことありませんか?

私もあります。急に足がつるって多くの方に聞いていますが、カリウムって筋肉の痙攣(けいれん)を防ぐ力もあることでもリンゴって色々なことに良いこともわかります。リンゴと酢で作るリンゴ酢なども健康に良いので作っています。また新鮮なリンゴを使っての酵素作りもしています。様々な使い方で体に良いものを摂り入れ人生100年という今を健康に過ごしたいです。下記のお菓子も手作りの良さで添加物のないものですのでお勧めのおやつです。

リンゴのピールもどき菓子

材料

1、リンゴ・・・1個ーー>芯を取り薄切り

2、砂糖(白又はきび糖など)・・・1/2カップ強

3、グラニュー糖・・・・・・最後にまぶす量(適量)

作り方

1、フライパンに皮ごと薄切りしたリンゴを並べ上から砂糖を入れ火にかけて砂糖を溶かしながら煮詰めます。

2、砂糖が飴状になったら更に並べさまし、冷めたら、グラニュー糖をまぶし一つずつ離し手出来上がり。

3、コーヒーのおともにどうぞ!!

2、

・美肌、老化防止効果がある!
・便秘改善効果!
・血圧が下がる効果がある!
・疲労回復を促します!
・生活習慣病の予防!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です