記憶力を低下させない

先日テレビで画面に出た事柄をショットしました。行うべき事柄がたくさん書いてありました。

忘れる

高齢になると忘れることが多くなるといいます。しかし高齢のせいにしていては前に進みません。近くにいる友が忘れっぽくて、と言っているうちは良かったのですが日が増すにつれえっ!と思うことが多くなってきました。二人の共通点は一人住まい、または家族との会話がないといった環境。しかしそのような環境でもとても健康に生き生きと生活している方が多いのでこれが原因とは思いません。それでは何が原因か?

若年性認知症という話も聞いたことがありますし、知人の奥様もそうでしたからその辺の原因はまた別なことだと思っています。先ほど述べた忘れっぽいの一つの原因はあまりが外出していないこともあるかと思います。

今の時期には少し無理ですが…というのは新型コロナウイルスの蔓延のための非常事態宣言発令…が出たため外出は自粛・・また禁止くらいの発令と思っていますから。これが通常に戻ったら外出しましょうと言いたいです。

原因をなくそう!!

人と会う事=会話があるーー>まず一番良いことと思います。家の中ではあるのはテレビなど一方通行的なものばかり。会話にはなりません。声を発する事、例えば散歩でもよいし、出会った方におはよう!と声掛けたらきっと初めての方でも返事が来るかまたは突然の事で返事はなくても会釈があると思いますから。そして散歩では目に訴える様々な物、例えばきれいな花、新緑、又鳥のさえずり、それらはひとの脳を刺激します。のんびりしていた脳を呼び覚まします。感動を与えることで、見るもの、聞こえるもの、の楽しさを感じてさらに次への行動を促します。

じぶんの事を理解している方との会話がベストですね!というのはきっと同じことを何度も言ってしまうとか、同じ質問をしてしまうとか、…それを理解している人は承知していてくれるから。

こんな対応が勉強になった

私が仕事で一緒だった方がこんな話をしてくれました。

認知症のおじいちゃんは食事が終わった後でも、食べたことを忘れ「ご飯まだか!」というそうです。その時の返事はね!と…「今用意するから待っててね」というのよと。言っていました。用意するからという言葉で納得するという事でした。

あと、姉は高齢者施設でのボランティアをしています。傾聴ボランティアの場合、お話を聞いてあげるという場面でのことで、同じことを何度も言う、・・・・でもその問いは、合ずちをうち、決して打ち消さず何度でも同じ言葉を初めて聞いた風にしてあげる事と言っていました。

どちらに話も経験した方でないとわからないし、こうして教えていただいたことで対応の仕方を覚えました。そんなわけで友との話もさっき聞いた話と思っても普通の会話として話を進めていました。

でも・・・忘れっぽくてと言われたとき・・だれも歳を取ると同じよ!と…いつまでもその言葉をしていて良いかも心配になることがあります。それは家族の方が気が付いてくださるといいなと思いますね!

自分にできることで予防します

こういう私も高齢になってきました。でも自分で予防できることはすべて行っているつもりです。

バランスの良い食事、補助食品、運動、指先を使う。脳トレをする・・・・という努力です。

食事では

前にも述べていますが人は口から入るものが一番の栄養と言われています。医学が進み、たべることができなくなった時には点滴をしてくれます。しかし、それは一時しのぎ。食べるものでは無ければ筋力は付きませんね!栄養のバランスとは好きなものだけ食べていることではバランスは偏ります。そんな時補助食品を使ってもよいのかなとも思いますが。しかし・・・できるだけいろいろなものを摂る生活習慣にしたいです。私はどうしても青みの魚が苦手なんです。青みの魚こそ、DHC,EPAが豊富とされそれが脳の活性に良いとされていますがこれは補助食品に委ねていますね!

運動では!

運動は個人的にはウオーキングなどする機会はありますが。曜日時間を決めていると必ず行うことができますので運動教室に行っています。そこでは友もできますし、会話もできます。行く楽しみ。人との出会いの楽しみ、新しい動きの楽しみ・・+音楽も入りますから歌ったり、ステップをしたり、楽しい時間があっという間に終わってしまいます。ここの教室の良さは柔軟体操、有酸素運動、脳トレ,ボイストレ、歌と音楽すべてが盛り込まれています。

手、指を使う

指先を使う事としては…ピアノを弾いています。子供が小さいときに一緒に練習したことから少しずつ、弾いていましたが、ある日カラオケの先生のピアノのすばらしさに惹かれ教えていただくことになりレッスンをしました。ソナチネの本、やさしいレッスン本を見ながら今は楽しく弾いています。どうにか今では「エリーゼのために」が弾けています。それが楽しい・・・音符を読むことも頭使うから!!

脳トレをする

脳トレはスマホで検索するとアプリがありますね!私のとったアプリには、記憶力、直観力、反応力、観察力、判断力、計算力の6個あり、総合テストをしてみると脳年齢が出ます。 一番若く出たときは31歳でした。これも楽しい!

最後にはやはりバランスの良い食事

今回は料理レシピはありませんが記憶力を低下させない方法で今できる事柄を記述してみました。食べ物は」EPA.DHCを含む食品を取ってください。毎日バランスよく食事をしてくださいという簡単な言葉ですが、これはできる方。難しいと思われる方はすこしずつ出来るようにしてください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です