コロナ予防はやはり食事に尽きると

非常事態宣言が解除されたからとほっとしてはいけない

先日松平先生にこんな質問をしました.「今の世の中、何をどうしたらよいのか、わかりませんね!コロナ菌をいかに防御するのか?」と。

一言でいうと食事に尽きるといわれました。わたしもバランスを考えた食事はいつも気にしながら作ってはいますがただ漠然と蛋白質、カルシウム、などなど。でも専門家ではなくカロリー計算まではしていません、又ダイエットなどしていたらカロリーを意識して落としているかもしれません。ところが・・・・・・・

大切なことを教えていただきました。それは     カロリーを下げない、と言われました。下げるものは糖質と絞るいう事でした。糖質制限食をすることで糖尿病、高血圧、発がんの抑制、老化の抑制が得られると言われました。

脈硬化の元凶は、、高血圧と、高血糖は、いわれ、さらに高血糖はインスリンの分泌過剰を起こし肥満に結び付くそうです。肥満の原因がこのようなことからも起こるという事がわかれば糖分は控えますね!

動物性脂肪

蛋白質って意識して食べていますが、蛋白質の大切さがここでも浮き彫りにされています。よく体のもととか血液のもとなどと子供のころ教わりました。今まで聞いたことのなかった蛋白脂肪と言ってこの蛋白脂肪というものはそれを控えることは糖質が逆に増えて肥満、糖尿病につながると・・動物性脂肪の制限が叫ばれていたことは、間違いだったと証明されたそうです。

植物繊維

植物繊維の大切さもお話しされていました。腸は免疫の7割を担ていると。免疫の暴走、抑制をする物質を出している腸はその植物繊維である海藻、豆、キノコ、芋、根菜、果物の皮つき、によって綺麗さを保つと。更には便秘も防げるという、やはり食べ物って体のさまざまな部分に影響し、作り健康作りをしてるものと思いました。バランスの良い食事、これからもさらに意識して作っていこうと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です