GO-TO-キャンペーンに思う事

初めにコロナ感染者の増加について

毎日感染者の数が発表されています。増加傾向にあっても検査数の増加によるものと楽観的な報告に多くの人はその言葉に納得してしまっています。若い方が多いという言葉の中にも、コロナに感染しても軽症で済むことも言われ、その言葉が気楽な行動に変り、日に日に感染者が増え続けてきています。帰宅した若者が家族に感染させる怖さも必要です。

政府は経済活動も進めなくては日本の経済が回らなくなるとの懸念から対策を考えて政策の実行機会を考えていたようです。

見切り発車と言われています

世では見切り発車と言われるGO TO キャンペーン。観光地への旅行費用の負担の一部を還元とうたわれていますがその政策もきちんとしたmanualもないといわれ使う人、使われる人が戸惑っている現状のようです。

又今回はコロナの発生状況の多い東京は除外されました。東京から出てはいけない、東京へ旅行もこの還元キャンペーンから除外。日程が切羽詰まってのこの発表に、予定していた還元旅行もキャンセルしなくてはならない状況に追い込まれ、発生するキャンセル料金の負担の話までになってしまいました。

政府は後手後手に回っているとささやかれています。このキャンセル料も負担しないといわれていたことが、国民の声から、ことが又一変し、負担することになったのも、揺らいでいる政策とまで言われています。すべて税金です。次に世代に負担がかかります。

感染者出たときのの不安

又観光地でもある取材での回答は、旅行には来てほしい反面コロナに対しての不安はあるといわれ、万一そこで感染者がでた場合の対応、責任・・・これは旅行業者、ホテル、旅館がすべて公にされることが懸念されるといい、このGO、TOキャンペーンを推し進めた政府には直接責任がないといわれてはしまうといわれるのではないかと言われています。

自己防衛をする人はどのくらい?

政府はコロナに対して自己防衛を進めています。というのは、うがい、手洗い、消毒を実行して旅行に参加することで感染は防げるといわれ、感染者が増加しないとの見方での推し進めになっています。症状が出る前の段階で人に感染するのが今回のコロナウイルス。今増加状態にあるのはそれを物語っています。感染経路がわからないのが一番怖いです。

密を避けなさいと言われていますが、それが守れますか?   電車、バス、エレベーター、観光地、人と人とがすれ違う時私はその場を通り過ぎるまで、道を譲って先に通すように心が下ています。これは日常の生活の中でですからできます。しかし、混み入った場所でこのようなことしていたら、後ろからせかされそうです。

皆粛で頑張ったのに!

非常事態宣言では多くの人が自粛し、我慢し、その時を過ごしていました。店舗を構える人の中には家賃の莫大な負担を強いられたり、従業員の保障にもお金をかけたり、その現状を目の当たりにしての取材も見てきました。保障の手続きも手間がかかったり、その保証金が出るまでの期間が長かったりと、経営者の苦労もうき彫りされていました。

派遣社員の方も自粛期間が終わってさあ!というときにさて会社に行ったら、現状の厳しさから解雇された話も聞いています。

今問われるのは!

都に対しての政府の言葉、都からの政府に対しての要望がしっくりいっていない感覚を持ちました。国と地方が一体にならなければ前に進みません、我々が選んだ知事、そして議員にすべて任せているわけです。専門家会議での意見をふまえ、今は政府与党も、野党も、前向きな意見を交わし、意見の対立ではなく、良い意見をどう実行していくかを意見交換してほしいときです。

支持率がどうのとか、政権の批判は後回ししてほしいです。国民は見ています。そしてこの時期の乗り越えをした人が目に留まります。私たちの世代から、子供の世代に良き日本を引き継つぐ体制を作らなければいけない時だと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

豪雨被害