暑い夏にはサラダライス

暑さ更新されるほど、毎日の高温で、熱中症も出ています。熱い時こそ辛いものがほしかったり、さっぱりしたものが食べたかったりしますね!

夏はカレーと言われ

先日我が家のクッキングで作ったサラダライスが好評でした。夏はカレーと言われるほど子供も大人も好んで食べています。それはやはり刺激のあるものだから、ピリッと辛く、あの独特な香りも食をそそるようです。

手で食べる風習のインド

インドカレーを食べにいったことがあります。本場インドの方がナンを焼き、焼き立てのナンは食べ放題、作っているところも見せてくださいました。大きな窯というような中のふちに焼く生地を張り付けてふわ~~と膨らむと取り出し、焼き立てになるわけです。とても大きなナンはたくさんは食べれませんでしたが、手で持ってカレーを付けて食べたわけです。

サラダライスも手で食べます

なぜこの食べ方をお話したかというと、今回紹介するサラダライスは手で食べるからです。ご飯茶碗に盛ったり、皿に盛ったりしない食べ方ですので少し触れました。

ご飯は確かにカレー味になります。炊きあがったご飯にカレー味をつけます。

想像しながら作り方を見てください。

レシピです

材料

米・・・・・3カップ  水3カップで普通に炊きます

ハム・・・5~6枚を千切りしておく

キューり…2~3本は輪切りしておきます

調味料を合わせておきます

カレー粉・・・・大匙1

酢・・・・・・・45cc

サラダ油・・・・70cc

塩・・・・・・・小さじ1強

レタスは1個用意し、すべてはがし洗って水をきっておきます

炊きあがったご飯に調味料を混ぜ合わせに、食べる少し前に。キューり、ハムを混ぜます。

頂くときにレタスに包んで手で頂きます。とてもおしゃれなサラダライスになります。

夏の暑さ乗り越え、コロナウイルスに打ち勝ちたい現在、辛味は免疫力増強にもなります。

是非おつくりください!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

豪雨被害

次の記事

熱中症が怖い