ゴーヤ新レシピ

スーパー、八百屋さんの店先には夏野菜の代表ともいわれるゴーヤが並んでいます。

ゴーヤは一つの苗からたくさんの実がなり、一気に収穫となると、何を作ろうと考えたり、すぐに黄色く成ってしまうので慌ててご近所に差し上げたりというお話を聞きます。

しかしゴーヤって長く持たない…すぐに黄色くなり柔らかくなってしまう。慌てて料理に使う。多くの方が作っているチャンプル、酢漬け、でも限度がありますので、私は佃煮を作って冷凍もしました。生を使いたいと思たとき何か保存方法はないかと考えました。

保存方法

ゴーヤって種から傷んでくることは知っていましたのでm、まず種を取ってみよう・・・・と種をくりぬきました。くり抜いたところはキューりの種を取った状態と同じ。

ここを傷まないようにするにはと考えペーパータオルを詰めてみました。そしてこのままキッチン用ビニール袋に入れ冷蔵庫保存してみました。なんと!!

そのまま変わらず3日間…もう少し大丈夫そうでしたが使用しました・。種を取って種の部分に乾いたペーパーを入れての保存OKでした。

さてゴーヤの佃煮で簡単な作り方を紹介します。

調味料はそばつゆのもとを使いますから本当に簡単です。

ゴーヤ・・・・2本

そばつゆのもと・・・・・大匙2

酢・・・・・・・・・・大匙2

シロップ・・大匙3ですが、砂糖の場合は大匙3~5で好みを入れてください。

胡麻、鰹、は適量です

作り方

1、種を取ったゴーヤは3mmくらいに切って鍋に入れ調味料を入れ煮ます。はじめは水分がありませんがゴーヤから出てきますので初めは弱火から始めてください。

2、煮詰めているうちに味が染みます。最後に胡麻、鰹節を入れて出来上がり。

若い人向きには

サラダ油で炒めてから塩コショウしてマヨネーズで味付けすると美味しい!

  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

楽しみながらの運動

次の記事

栗の渋皮煮