二人に一人は糖尿病予備軍

糖尿病

糖尿病ってあらゆる病気を誘発する病気と言われています。飽食の時代この病気は他人ごとではないような気がします。

今心配している人も、まだまだその心配はないという人も、やはり予防に越したことはないと思います。

色々な情報を得て一番自分に出来ることは何かと考えることが、これからは必要な段階だと思います。

食べ物

総合医師のお話では炭水化物は少なめに…ご飯、パン、芋類、空腹を満たすものと思うと解りやすいですね!と、これらは糖質を含んでいるといわれていますのでこれでおなか一杯を満たしてはいけませんと。

ではどのようなものが体に良いのでしょうか

先生曰く、根菜類の中でも、ニンジン、ゴボウ、レンコン・・・これらは繊維食でもあり 皮ごと食べてほしいと・・人参の皮をむいている方が多いですが皮と実の間にはたくさんの栄養がある、これを皮をむいてしまったら栄養を捨てていることになるといわれました。もし今まで向いている方はこのブログを見た日から皮ごと料理をしてください。

今日は手作りのゴボウ茶の下ごしらえをしました

ゴボウは泥汚れだけ洗い流します。皮は剥かずに薄くスライスまたはささがきにしてあく抜きせずに天日に干します。これでビタミンDを摂取することができます。からからに干したゴボウはフライパンで乾煎りしてさらに乾燥させると、細かく手でもみお茶の出来上がりです。このお茶はサポニンがあり抗酸化作用で体にとても良いお茶になります。他にも免疫力を高める効果があり、風邪やインフルエンザにかかりにくい体をつくります。 肝機能を高める効果 、過酸化脂質の生成を抑制し、肝機能を高める効果があります。血糖値を安定させる効果などを期待する場合には、食事の直前又は直時中に飲むようにします。

煮物

ゴボウの煮物も皮を剥かず、又灰汁を取らずに煮ます。ゴボウは繊維質ですから腸に良い事は多くの方が実践しています。レンコンの主成分は炭水化物ですが、レンコンでお腹いっぱいにする人は皆無と言っても良いかと思います。栄養があります。ビタミン、ミネラル、食物繊維やポリフェノールなど、いくつもの栄養素を豊富に含んでいます。栄養価が高いのも特徴ですからレンコンもお勧めです。

注意すること

すでに糖尿病になってしまっている方には3食のうち1食だけ ご飯、パン、だけは食べないで蛋白質、野菜、果物で補いながらの食事にすることがよいそうです。

私の知人で毎日歩いての努力をしていますが。これには根気が必要です。ただ歩く歩数も最近はあまり多くない方が様と言う話も聞いていおますので食べ物と運動の双方を上手に生かしながら良い方向に持ってい事額ベストなのかなとも思います。

目からうろこ

果物でも、リンゴも皮ごと食べると良いと言いながらも、すべての人が剥かずに食べているとは限りません。そこで皮を抵抗なく食べる方法を教わりました。

皮ごと食べる方法

これなら抵抗ないと思えましたね!リンゴは横にして輪切りの薄切り、心は後から除いても、先にくり抜いても良いと思いますが、薄く切ったリンゴの皮はやはり薄く食べるときの皮の感覚はありません。根菜類と同じ,皮と実の間に栄養があるといわれていますのでこれも実践してください。

食事で注意は

まず野菜、海藻類、納豆、牛乳、これらを先に食べると本当に炭水化物は少量で済みます。糖質制限を意識していると自然に身につくものだと思います。

1、毎日の健康管理では体重を計ることは自分への意識付けになります。

2、出来れば食べたものをメモしておくことなど。

3、運動量

 健康管理は自分ですると良いと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

干しエノキの栄養