ビタミンAの上手な取り方

ビタミンAも大切な栄養素

ビタミンAって皮膚や粘膜を強くするといわれ今のコロナ禍ではとても大切なのではないかなと思います。更に免疫機能の維持も可能ならとても大切な栄養素なのだと思います。

不足すると!

又不足すると視力低下も出るという。一日の摂取量は令和元年の調査で男性300ug,    女性150ugの不足等数値が出ています。

ビタミンは油で溶け、肝臓に蓄積されるようです、たくさん取ることでは肝機能障害がおこるといわれますが通常の量ではその心配もないそうです。

プラス100ug~300ugを意識するための目安がありました。

例えばカレーに目玉焼きを載せるとか、チーズをプラスとかどのくらいのプラスになるか書かれていました。

ugは通常のグラムではありませんので注意

卵*1個・・・・・77ug

クリームチーズ2切・・・・40G(100ug)

カマンベールチーズ2切…(40g)/96ug

ホタルイカ2尾・・・・(10g)190ug

ウナギ1/6尾・・・・・・200ug

緑黄野菜

ほうれん草お浸し(小鉢1杯)・・・221ug

かぼちゃの煮物(かぼちゃ3切)・・・267ug

栄養士安川フードスペシャリストの方からの提案です。

こうしてみると大切なことが見えてきます。

ビタミンAは脂溶性のため油と一緒に摂ると体内での吸収が高まるようです。又炒めものに ドレッシングなども効果がよいようです。

ビタミン剤での補給もよいですが出来ればこうした食物からの摂取をお勧めです。     更に無農薬、今多くの方が行っている家庭菜園での無農薬野菜で楽しみながら良い食材をお勧めですね!

コロナ禍、今できることは自宅にいる時間を多く持ち食べ物に心注ぎ体に良いものを得るための努力がよいのかなとも思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です